細胞療法について

当院では 細胞療法を治療に取り入れています。
がんの治療としては免疫細胞療法(樹状細胞+INFγなど)、炎症を抑えたり、臓器の失われた機能を改善、回復させてくれる幹細胞療法などです。

免疫細胞療法

生体内では侵入した細菌やウイルスを排除したり、異常な細胞を排除したりする能力(免疫)を発揮することで健康を維持しています。

がんを発症している動物では免疫細胞が免疫を十分に発揮できない状態にあります。

そこで動物の樹状細胞を対外へ取り出し、増殖・強化してから体内に戻し、がんを攻撃しようとする治療法です。また免疫細胞の増強のためINFγその他を同時投与することもあります。

   治療が期待されている疾患 : 

      メラノーマ(犬猫) 

      乳腺癌(犬猫) 

      血管肉腫(犬) 

      リンパ腫(B cell)(犬猫) 

      肥満細胞腫(犬) 

      扁平上皮癌(猫) 

      腺癌(猫) など

間葉系幹細胞療法

幹細胞とはさまざまな器官や臓器などに変化する(分化する)細胞のことをいいます。

幹細胞療法とは、この細胞を体外で培養し、動物の体に戻してあげることで、失われた臓器の機能や怪我の再生が期待できる治療法です。

   治療が期待されている疾患 : 

      脊髄損傷  

      骨折癒合不全

      炎症性関節炎
      慢性腎臓病 

   プレドニゾロン治療を軽減できない症例 など

脂肪幹細胞療法

詳細は当院へお尋ねくださるか右記のページをご覧ください。