歯磨きしないと歯石は付きます。とくに柔らかいフードを食べて歯磨きしないと歯周病はひどくなります。歯肉や歯槽骨の炎症、溶解、歯周病菌の全身への拡散などがおこり 組織を破壊していきます。また歯周病菌が人の手、口、顔などについて悪い影響を与えかねません。口の中をきれいに保つことは 人、動物それぞれに大事なことです。

歯は麻酔をかけて歯石除去するときれいになり、抜歯しなければならない歯は抜歯することで歯周病も改善します。

口腔内をきれいにしたら 次は麻酔をかけて歯石除去しなくてよいように 症状にあった歯磨きペーストを使い 歯磨きしましょう。

高齢になってから麻酔をかけて口腔内処置するのはとてもリスクを負うことになります。若い年齢から 歯磨きして 口の中をきれいにしましょう。

 

犬、猫の歯磨きで困っていらっしゃる方は 当院でお話いたします。

また ひづめ、鹿の角、プラスチックなどを噛んでいるワンちゃんもありますが

歯が破損したり、口唇が傷ついたり、飲み込むことにより 喉の炎症をおこしたり、食道炎、胃腸炎等の原因になります。

ガム、お肉、フードを与えられていますが

嘔吐しました。咀嚼せず、消化していません。

サイズの大きい食材、硬い食材は食べさせてはいけません。